「最高品質」のジーンズを求めて

CONTRABANDのジーンズは「最高品質」を追い求めています。

最高級の素材、立体的で美しいカッティング、丈夫さと美しさを兼ね備えた洗練されたディテールと、それらを表現する為の高度な縫製技術。

一見シンプルなデザインの中にも、機能美を追求した飽きのこないジーンズは、外側はもちろんのこと、内側にまでこだわりが詰め込まれています。

 

ジーンズ縫製では定番のオーバーロックやパイピング仕様ではなく、フロントフライ部分の比翼、持ち出しのパーツ、そしてポケットスレーキも身頃を包んで縫製。

バックヨークから後ろ中心、内股に至るまで「巻き縫い」を用い、デニムの裁断された生地端が一切見えないように、内側の見映えを極限まで美しく仕立てることで、「ジーンズ」というアイテムの完成度をより一層高めています。



こうした縫製仕様は一般的なジーンズではあまり用いられることはありません。

これまでジーンズは「作業着」として、

「できるだけ早く、丈夫に縫えるように」

という仕様で作られてきました。

しかし、手間暇をかけてでも、目に見えない部分まで丁寧に、美しい製品を作るというのが本来の日本の物作りであるはずです。



CONTRABANDは「昔ながらのジーンズ」ではなく、現代の日本でしか作ることのできない「より上質な、新しいジーンズ」を作るべく、「真のメイドインジャパン」と呼べる最高品質を求めて縫製工場と共に日々探求を続けています。